イベントレポート

第90回カップルパーティ「残暑を涼もう!苔玉作り婚活」

2018.08.28 開催  
会場/ことめや

14名(男性6名:女性8名)

夏の疲れが出てくる8月の終わり、人気の体験型イベントで挑戦したのは「苔玉作り」です。
手を動かしてリフレッシュ!そして、お家に持って帰ってからもグリーンに癒されてほしい!という願いのもとに開催しました。

今回の会場は、婚活サポートセンターとしては初めて利用させてもらった「ことめや」さんです。鳥取市瓦町の旧とめや旅館をリノベーションし、コワーキングスペース・イベントスペースとして開放されています。
白壁の外観が素敵ですが、中もすごいんです!建物の真ん中には吹き抜けの中庭があって、そこを取り囲むように廊下が…。この趣のある和の空間で苔玉を作るという、粋なイベントになりました。

■■■今回の流れ■■■■■■
#1対1のトークタイム

#ワークショップ開始

#グループトーク(途中、席替えも)

#カップリング・発表・お開き
■■■■■■■■■■■■■■

●1対1のトークタイム
和室での開催はめずらしいのでドキドキしていたのですが、順調に進んでいきました。
まずは、正面に座った人と3分間話して、男性が一つ隣に移動してまた3分間話して…という感じで、全員とコミュニケーション!
小規模イベントでは大体はじめの30分間ほどを1対1の自己紹介タイムに充てています。

●ワークショップ
顔が見渡せたところで、苔玉作りのスタート!
講師は、民藝館通りにある「ブロッサム・デコ」の井口太志さんです。
井口さんがたくさんの種類の植物を持ってきてくださったので、まずは、自分の好きな種類の植物をひとつ選ぶことに。
今回は、企画の意図に合わせて、涼を感じる【シダ類】各種と、“多幸の木”として知られる【ガジュマル】をご用意くださっていました。
同じ種類でもそれぞれに個性があるので、どの子にするか迷ってしまいますね~

植物を選べたら、根の部分の土をやわらかくほぐします。
そして、湿った土を片手一杯に広げて、そこに植物をのせて、土で丸く包んでいきます。
その後さらに苔で包んで、糸をくるくると巻いたら出来上がりです。

今回は参加者全員が苔玉作りは初!
土の量や苔で包む時の固さなどに少し注意が必要でしたが、30分ほどで完成!
意外と早く出来てびっくりです…(井口さんの準備のおかげですね!)
苔玉の水やりは、夏は1週間に1回、冬は2週間に1回ほど。苔が茶色くなったら水不足、黒くなった水が多すぎ…など、自宅で育てる上でのポイントも教えてもらいました。

●グループトーク
さて、ワークショップ中は皆さんどうしても作業に集中してしまうため、無言になりがち…(笑)
なので、作った後にもう一度自由にお話ができる時間を設けています。
今回は40分間ほどあったので、3~4人のグループで何度か席替えをしながらおしゃべりを楽しみました。

●カップリング
イベントの最後はカップリングです。
2時間弱の交流で「話しやすかったなぁ」「もう少し話してみたいなぁ」と思った異性の番号を気楽な気持ちで書いてもらっています。
ひとりに絞らず何人書いても大丈夫。逆に、気になる人がいなかった場合は書かなくても大丈夫です。
書いていただいた方が出会いの確率は上がるのですが、強制はしていませんのでご安心ください。

ということで、今回は1組のカップル誕生となりました!

夏が終わって、いよいよ秋!
行楽の秋、スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋…楽しみがいろいろとあるので、アクティブに動いて、秋もたくさんの人と出会っていきましょう!!

ページTOPへ