イベントレポート

第88回カップルパーティ「革deワークショップ婚活」

2018.07.22 開催  
会場/鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館)研修室

14名(男性7名:女性7名)

今回は初の本格的なものづくりワークショップ婚活を開催しました。
小規模イベントとしては参加者も多めの7対7の14名。
3時間かけて、おしゃべりしたり教え合ったりしながら、一人ひとつペンケースを作りました。
ものづくりの楽しさ、共通の趣味を持つ人たちとの出会いを満喫する時間になりました。

■■■今回の流れ■■■■■■
#1対1のトークタイム

#ワークショップ開始

#50分くらいで席替え×2回

#カップリング・発表・お開き
■■■■■■■■■■■■■■

●1対1のトークタイム
まずは、どんな人たちが参加しているのか1対1のトークタイム。
趣味や休日の過ごし方などを記入したプロフィールシートを交換しながら、3~4分ずつ全員とお話しました。

●ワークショップタイム
メンバーを見渡せたところで、ワークショップのスタートです。
講師は鳥取市用瀬町の「ねじまき鳥靴工房」の松本豪平さんと谷口明日香さん。
お二人に教わりながら、革のペンケースを自分で縫って作ります。

まず革を選びます。
キャメル、ブラウン、ブルーなど何種類かご用意くださっていました。

次は糸づくり。
糸の端のよりをほどいて細くし、蝋をたっぷりと塗っていきます。
針への通し方も独特で、ここまでにとても時間がかかりました!1時間くらいやっていたかも…!?

そのあと実際に縫い方を習うところまでは、ずっと会場のあちこちから「先生-っ!」「すみません、ちょっといいですか?」と、助けを呼ぶ声が会場のあちこちから上がっていました。
少し慣れてくると、得意な人、作業の早い人が各グループの先生役となって教え合う姿も♪
3テーブルあったので、途中で席替えをしながら作業をして、おだやかな時間が過ぎていきました。

●最後にカップリング
本気のものづくりワークショップ婚活は、どうしても作業に集中してしまうため、他の人とほとんど交流が図れないことを心配していたのですが・・・
ふたを開けてみると、
なんと3組のカップルが誕生!
連絡先を交換して次に会う約束などをされたようです。
今回話せなかった分、後日ゆっくりとお話をしていただきたいです。

参加者の皆さんからは、
「婚活っぽくなくてよかった」
「なかなかない貴重な体験が出来た」
「持って帰られるものが作れたのはうれしかった」というようなお声もいただきました。

サポートセンターでは、楽しみながら多くの人と出会える場をご提供できるように、これからもさまざまな企画にチャレンジしていきます。
気になるものがあればぜひ気軽に参加してみてください。

ページTOPへ